EXPERIMENTAL / ELECTRONICS Archive

  • UAKTI  |  S.T. 0

    ARTIST

    TITLE
    S.T.

    ブラジルはミナスの創作楽器集団。

    ガラスやホースなど身近な素材を使って作り上げられた自作楽器集団。水のブクブク音やガラス製マリンバの透明感溢れる音色も気持ち良い「AGUA / VIDRO」、そのガラス製マリンバと木製マリンバがトライバルなビートを紡ぎだす「O OVO DA SERPENTE」、チェロの響きが郷愁を誘う、同郷ミナスのミルトン・ナシメント(裏ジャケにはこのアルバムをミルトン・ナシメントに捧げるとの文字も)「PROMESSAS DO SOL」カヴァー等。ペンギン・カフェ・オーケストラあたりが好きな方にもオススメしたい大すいせん盤。

    O OVO DA SERPENTE / AGUA / VIDRO

    SOLD OUT


  • SPACE ART  |  TRIP IN THE CENTER HEAD 0

    ARTIST

    TITLE
    TRIP IN THE CENTER HEAD

    DEEP ELECTRONICS!!

    JEAN-MICHEL JARREとの活動でも知られる仏シンセ・デュオ。コズミック・シンセ・グルーヴ「SPEEDWAY」「HOLLYWOOD FLANGER」などオススメです。

    SPEEDWAY / HOLLYWOOD FLANGER


  • GLEN VELEZ  |  INTERNAL COMBUSTION 0

    ARTIST

    TITLE
    INTERNAL COMBUSTION

    JOHN CAGEやSTEVE REICHとの共演でも知られるフレーム・ドラム奏者GLEN VELEZによるパーカッション独奏集。祝祭感溢れる「RAIN」、同じくフレーム・ドラム奏者のLAYNE REDMONDとの共演で繰り広げられる「BENDIR」などアルバム通してオススメです。

    RAIN / BENDIR


  • BEAVER & KRAUSE  |  GANDHARVA 0

    ARTIST

    TITLE
    GANDHARVA

    DRUM BREAK!!

    PAUL BEAVERとBERNIE KRAUSEのコンビによる電子度低めの作品。PRINCE THOMASもプレイする、中盤にパーカッシヴなBREAKが潜む「SAGA OF THE BLUE BEAVER」収録。ジャケット右上にドリル・ホール。シュリンク付でパリっとしてますがレコード取り出し口に2箇所ヒビあり。

    SAGA OF THE BLUE BEAVER


  • HARRY PARTCH  |  AND ON THE SEVENTH DAY PETALS FELL IN PETALUMA 0

    ARTIST

    TITLE
    AND ON THE SEVENTH DAY PETALS FELL IN PETALUMA

    自作楽器による現代音楽傑作。

    40年代から活動を続ける米自作楽器の父。自主レーベル等々で製作を続け遂に名門CRIに発見されリリースとなったコニー・アイランド・ジャケも可愛いメジャー(全然メジャーじゃない)デビュー作。百聞は一聴にしかず系の極上オモチロ音楽!! マルーン/ゴールド深溝ラベル。

    A面 / B面


  • HARRY PARTCH  |  DELUSION OF THE FURY 0

    ARTIST

    TITLE
    DELUSION OF THE FURY

    自作楽器による無国籍音楽。

    米謎自作楽器の父HARRY PARTCHによる2枚組の大作。日本やアフリカ、南米などの(妄想)古代楽器を使って繰り広げられる、無国籍かつエクスペリメンタルなおもちろ音楽!!見ているだけで楽しいブックレット付ボックス仕様。ボックス上辺フチに2箇所キズ、真中辺りに2?程の破れあり。ボーナスLPは付いておりません。

    EMERGENCE OF THE SPILIT


  • V.A.  |  COLUMBIA-PRINCETON ELECTRONIC MUSIC CENTER 0

    ARTIST

    TITLE
    COLUMBIA-PRINCETON ELECTRONIC MUSIC CENTER

    電子音楽古典。

    かのロバート・モーグもスタジオ設計に参加しいてたというコロンビア-プリンストン両名門大学が59年に設立した電子音楽センターでの実験の成果を収めた電子音楽古典!!? 瑞々しい電子音の音色に耳を奪われるBURENT AREL「STEREO ELECTRONIC MUSIC NO.1」、ポエトリー・リーディングをカット・アップ/コラージュし電子音とミックスさせたHALIM DABH「LEIYA AND THE POET」、本スタジオに設置されたRCA開発のシンセサイザーの為のMILTON BABBITT「COMPOSITION FOR SYNTHESIZER」、この世界の大家OTTO LUENING による弦楽と電子音、テープ・コラージュの合体「GARGOYLES」などを収録。MASTERWORKS盤。シュリンク付。

    STEREO ELECTRONIC MUSIC NO.1 / GARGOYLES

    SOLD OUT


  • HILLER / ISAACSON / BAKER  |  COMPUTER MUSIC FROM THE UNIVERSITY OF ILLINOIS 0

    ARTIST

    TITLE
    COMPUTER MUSIC FROM THE UNIVERSITY OF ILLINOIS

    電子音楽古典。

    世界ではじめてコンピューターで作られたという57年の作品「ILLIAC SUITE FOR STRING QUARTET」は、LEJAREN HILLERとLEONARD ISAACSONの二人の数学者が、イリノイ大学が1952年に自主開発した当時最高性能を誇ったコンピューター、ILLIAC Iを用いて自動作曲したもの。弦楽四重奏による演奏は勿論人間によるものです。そしてB面に収録の63年の作品「COMPUTER CANTATA」は、IBMのコンピューターをオシレイターとして使用したソプラノとオーケストラと電子音の共演。ジャケット背ヒビ。

    COMPUTER CANTATA 1ST MOVEMENT

    SOLD OUT


  • JOHN CAGE  |  VARIATIONS IV 0

    ARTIST

    TITLE
    VARIATIONS IV

    DAVID TUDORとのコラージュ/電子変調作品。

    65年LAでのパフォーマンスの様子を収めたアルバムの第一弾。様々な場所にマイクを設置し、ラジオから流れる音楽などとコラージュ/変調して作り上げられたチャンスオペレーション作品。それぞれ別の部屋でレコーディングされた音源が左右チャンネルに振り分けられており、それらがミックスされて独特の世界を生み出しています。サウンド・システムを手掛けていたのは盟友DAVID TUDOR。ジャケット右上辺に5?程の裂け。センター・ラベル汚れ。

    A-2 / B-1


  • IANNIS XENAKIS  |  AKRATA / PITHOPRAKTA 0

    ARTIST

    TITLE
    AKRATA / PITHOPRAKTA

    「AKRATA 」初演ヴァージョン収録。

    クセナキスの代表曲「AKRATA」の1964-〜1965初出ヴァージョンと1955〜56録音の「PITHOPRAKTA」をA面に収録したNONESUCH盤。レーベルの内袋付。B-1序盤の目立つ傷のない部分で数回ジリジリとノイズ乗る箇所があります(1:13辺り)。

    AKRATA (B-1) / PITHOPRAKTA (B-2)