EXPERIMENTAL / ELECTRONICS Archive

  • RON GEESIN  |  AS HE STANDS 0

    ARTIST

    TITLE
    AS HE STANDS

    電子音楽/テープ・コラージュ傑作。

    KPMに残した一連の電子音楽作品やPINK FLOYD作品への参加でも知られる奇才。自身のレーベルから多数の作品をリリースしていますが、本作はその中でも特に素晴らしいコラージュ/エレクトロニクス作品。電子音と風の音、アコギのミックス具合が最高にキモチ良い「ROLL ‘EM BOWL ‘EM IN 3 MOVEMENTS」、2台のピアノ演奏をコラージュした「ON-THROUGH-OUT-UP」、シンバルと電子音の絡みが美しい「A CYMBAL AND MUCH ELECTRONICS」、オルガンとテープ操作による「CONCRETE LINE UP」などどれもがヤバい。

    A CYMBAL AND MUCH ELECTRONICS / CONCRETE LINE UP


  • JOHN FAHEY  |  THE YELLOW PRINCESS 0

    ARTIST

    TITLE
    THE YELLOW PRINCESS

    VANGUARD時代の傑作。

    表題曲をはじめフィンガー・ピッキング・ギターによギター・インスト作品のキモチ良さもさることながら、テープ・コラージュを駆使した「SINGING BRIDGE OF MEMPHIS, TENNESSEE」のような実験的トラックまで収録した傑作。初回ラベル。レーベルの内袋付。

    SINGING BRIDGE OF MEMPHIS, TENNESSEE / YELLOW PRINCESS


  • GIL MELLE  |  THE ANDROMEDA STRAIN 0

    ARTIST

    TITLE
    THE ANDROMEDA STRAIN

    電子音楽傑作。

    映画『アンドロメダ』のサウンド・トラック。ディープな電子音と銀色に輝く特殊ジャケットの素晴らしさで昔から高値の一枚。ジャケット右上のプロモ・スタンプ上に張られたSTEREO表記ステッカーに破れ。ジャケットの折りたたみ方が書かれたシート、オートマチック・プレイヤーで再生しないようにとの注意書きが張られたオリジナルのインナー・スリーヴ(透明ビニール製)完備。

    DESERT TRIP


  • 101 STRINGS  |  ASTRO-SOUNDS FROM BEYOND THE YEAR 2000 0

    ARTIST

    TITLE
    ASTRO-SOUNDS FROM BEYOND THE YEAR 2000

    U.S. ORIGINAL!!

    IDなるサイケ・グループがANIMATED ANIMALなる架空バンドとしてリリースしたアルバム音源に、強引にレーベルお抱えバンドのストリングスを被せてエフェクトをかけまくり、まったく別の曲名をつけてリリースした問題作。

    FLAMEOUT / TRIPPIN’ ON LUNAR 07

    SOLD OUT


  • PAUL BEAVER & BERNARD L. KRAUSE  |  THE NONESUCH GUIDE TO ELECTRONIC MUSIC 0

    ARTIST

    TITLE
    THE NONESUCH GUIDE TO ELECTRONIC MUSIC

    電子音楽傑作。

    ビーヴァー&クラウゼによる電子音楽教則レコード。オシレーター波形やリング・モジュレーション、フィルター効果などを付属のブックレットもあわせつつ優しく教えてくれます。センター・ラベルとブックレットにシール。ボックスつぶれあり。レーベルの内袋付。

    PEACE THREE


  • MORTON SUBOTNICK  |  SIDEWINDER 0

    ARTIST

    TITLE
    SIDEWINDER

    電子音楽傑作。

    ブックラ100を駆使しガラガラ蛇の動きを電子音楽化。多数の作品を残す彼ですが、同年にリリースされた『TOUCH』と並ぶ傑作。シュリンク付。

    SIDEWINDER PART I


  • MORTON SUBOTNICK  |  TOUCH 0

    ARTIST

    TITLE
    TOUCH

    電子音楽傑作。

    『SILVER APPLES OF THE MOON』、『THE WILD BULL』に続いてリリースされた69年作。自身も開発に関わったブックラ100を用いての電子音響は、実験的かつ愛らしい上にトランシーなグルーヴ感をも湛えているのが人気のヒミツ。特にPART 1における遊び心溢れる自由なサウンドがたまりません。EYE氏もリコメンドの傑作。裏ジャケにスタンプ、裏ジャケのレコード取り出し口に破れあり。QUAD盤。

    TOUCH PART.1


  • MORTON SUBOTNICK  |  SILVER APPLES OF THE MOON 0

    ARTIST

    TITLE
    SILVER APPLES OF THE MOON

    電子音楽傑作。

    SILVER APPLESがバンド名の元ネタにした67年リリース作品。自らも開発に関わったブックラ100を用いた電子音楽古典。レーベルの内袋付。ジャケット天裂け。

    PART 1

    SOLD OUT


  • JOHN CAGE / STEVE REICH  |  THREE DANCES & FOUR ORGANS 0

    ARTIST

    TITLE
    THREE DANCES & FOUR ORGANS

    現代音楽傑作。

    STEVE REICH本人も電子オルガンで演奏に参加した73年作品。4台のオルガンが同じフレーズをミニマルにくり返し、徐々にずれては重なり合って音のモワレを描き出す「FOUR ORGANS」、MICHAEL TILSON THOMAS、RALPH GRIERSON によるプリペアド・ピアノでのJOHN CAGE作品「THREE DANCES」どちらも素晴らしい。

    FOUR ORGANS / THREE DANCES NO.3


  • THE ANDROID SISTERS  |  SONGS OF ELECTRONIC DESPAIR 0

    ARTIST

    TITLE
    SONGS OF ELECTRONIC DESPAIR

    DOOPEESネタ!!

    「映画『ブレード・ランナー』の原作小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』にインスパイアされ、戦前活躍したアイドル・グループ、アンドリュー・シスターズを“アンドロイド”にしてみたら……というアイデアから生まれたキャラクター。米で1981年からラジオ放送されたSF大河ドラマ『Ruby』に、銀河を旅するサーカス一座のスターという設定で登場し、この一連のエピソードが反響を呼んでアンドロイド・シスターズのLPが発売されました。しかし発売間もなくレーベル売却という不運に見舞われ、LPはほとんど流通せずに終わりました」以上emさんの解説を無断引用。裏ジャケにプロモ・スタンプ。プロモ白ラベル盤。

    INVASION

    SOLD OUT