EXPERIMENTAL / ELECTRONICS Archive

  • NOAH CRESHEVSKY / WILLIAM MOYLAN  |  ELECTRONIC MUSIC 0

    ARTIST

    TITLE
    ELECTRONIC MUSIC

    テープ・コラージュ傑作。

    70年代から続けてきた気の遠くなるようなアナログ・テープの切り貼りによって生み出される実験的かつポップな手触りを持ったサウンドが最高。EMさん編集盤の冒頭を飾った「STRATEGIC DEFENSE INITIATIVE」は、現代音楽方面からのヒップホップへの回答とでも言うべき逸品。「DRUMMER」も執拗なテープ・コラージュによる素晴らしいトラック。B面にはWILLIAM MOYLANのテープ・コラージュによる電子音楽作品2種が納められており、こちらも最高です。裏ジャケにシミ。

    STRATEGIC DEFENSE INITIATIVE / DRUMMER

    SOLD OUT


  • REMI GASSMANN / OSKAR SALA  |  ELECTRONIC MUSIC FOR BALLET 0

    ARTIST

    TITLE
    ELECTRONIC MUSIC FOR BALLET

    電子音楽傑作。

    ヒッチコック『鳥』の音楽を手掛けていた二人による電子音楽集(初出は61年)。共にドイツ発のヴィンテージな電子楽器トラトニウム演奏の第一人者であるOSKAR SALAのスタジオでの録音。REMI GASSMANNが手掛けたA面は、GEORGE BALANCHINE作のバレエの為に製作された電子戯曲。そしてOSKAR SALAが手掛けたB面は5つのパートからなる、かつムーグやブックラ・シンセともまた違った分厚い出音がキモチ良い、テープ操作も随所に散りばめた実験的かつポップでキュートな電子音楽作品となっています。ジャケット右上にドリル・ホール、右下辺に1㎝程の裂け、裏ジャケに書き込み。レーベルの内袋付。

    FIVE IMPROVISATION ON MAGNETIC TAPE(B-1)

    SOLD OUT


  • NEW HIPPIES  |  THE PASSION & TRANSFIGURATION OF A POST APOCALYPTIC EUNUCH 0

    ARTIST

    TITLE
    THE PASSION & TRANSFIGURATION OF A POST APOCALYPTIC EUNUCH

    名門OPUS ONEからのカット・アップ/コラージュ作品。

    スポークン、カット・アップ/コラージュ、エレクトロニクスをミックスした、名門OPUS ONEのリリースの中でも特異なサウンド。「I LOVE LUCY」使いの「I LOVE LOOSELY」などオススメです。ジャケット底抜け、上辺裂け大。インサート2種付。

    PRELUDE IN PLASTIC / I LOVE LOOSELY


  • IASOS  |  INTER-DIMENSIONAL MUSIC 0

    ARTIST

    TITLE
    INTER-DIMENSIONAL MUSIC

    ELECTRONICS / NEW AGE傑作!!

    リリース当時かのALAN WATTS師も賛辞を寄せたニュー・エイジな傑作。その覚醒感溢れるエキゾチックでスピリチュアルな電子音響には、凡百ないわゆる”ニュー・エイジ”とは一線を画す新鮮さとカッティング・エッジな魅力があります。シュリンクつきですがジャケット右下とレコード取り出し口中央辺りにシミがあります。昔はSFの買い付けでお世話になった子方も多いであろうMICKEY爺のミュージアムに居候しつつ製作したとの裏話あり。

    LIBRA SUNRISE~LUEENA COST

    SOLD OUT


  • KARLHEINZ STOCKHAUSEN  |  DER JAHRESLAUF 0

    ARTIST

    TITLE
    DER JAHRESLAUF

    雅楽×テープ・コラージュ。

    日本の国立劇場から委嘱され製作された、西洋人初だという雅楽作品。和の旋律と西洋楽器がテープ操作によって渾然一体となったB-1「THE COURSE OF THE YEARS」もスゴい。インサート付。

    THE COURSE OF THE YEARS


  • JOHN CAGE  |  VARIATIONS IV 0

    ARTIST

    TITLE
    VARIATIONS IV

    DAVID TUDORとのコラージュ/電子変調作品。

    65年LAでのパフォーマンスの様子を収めたアルバムの第一弾。様々な場所にマイクを設置し、ラジオから流れる音楽などとコラージュ/変調して作り上げられたチャンスオペレーション作品。それぞれ別の部屋でレコーディングされた音源が左右チャンネルに振り分けられており、それらがミックスされて独特の世界を生み出しています。サウンド・システムを手掛けていたのは盟友DAVID TUDOR。ジャケット底抜け、右上辺に1㎝程の裂け。

    A-2 / B-1


  • JACQUES BEKAERT  |  SUMMER MUSIC 1970 0

    ARTIST

    TITLE
    SUMMER MUSIC 1970

    DAVID ROOSENBOOMも参加した79年作。

    ベルギーの実験音楽家、JACQUES BEKAERTが1970年JOHN CAGE宅に滞在した際に着想し、当時出会ったJASPER JOHNSやDAVID TUDOR等の音楽家/芸術家に捧げたアルバム。DAVID ROOSENBOOM他気心の知れた仲間を集め、チャンス・オペレーションの手法を用いて作り上げられたミニマルで美しい作品です。

    FOR DAVID TUDOR / FOR SHIRLEY JOHNSON


  • RON GEESIN  |  AS HE STANDS 0

    ARTIST

    TITLE
    AS HE STANDS

    電子音楽/テープ・コラージュ傑作。

    KPMに残した一連の電子音楽作品やPINK FLOYD作品への参加でも知られる奇才。自身のレーベルから多数の作品をリリースしていますが、本作はその中でも特に素晴らしいコラージュ/エレクトロニクス作品。電子音と風の音、アコギのミックス具合が最高にキモチ良い「ROLL ‘EM BOWL ‘EM IN 3 MOVEMENTS」、2台のピアノ演奏をコラージュした「ON-THROUGH-OUT-UP」、シンバルと電子音の絡みが美しい「A CYMBAL AND MUCH ELECTRONICS」、オルガンとテープ操作による「CONCRETE LINE UP」などどれもがヤバい。

    A CYMBAL AND MUCH ELECTRONICS / CONCRETE LINE UP


  • CONRAD SCHNITZLER  |  CON 0

    ARTIST

    TITLE
    CON

    CONシリーズ第一弾!!

    タンジェリン・ドリーム、クラスターなどで奇才ぶりを発揮したドイツ実験ハゲ親父、コンラッド・シュニッツラーのCONシリーズ第一弾。生き物のように表情豊かな電子音がポコポコと踊るイマジネイティヴな電子音響「ELECTRIC GARDEN」、ヒプノティックなビートとコズミックなシンセが空間一杯に広がりを見せる「ZUG」等を収録した代表作です。ジャケット右上に剥がれ、左上折れシワ。

    ELECTRIC GARDEN / ZUG


  • KLAUS SCHULZE  |  TRANCEFER 0

    ARTIST

    TITLE
    TRANCEFER

    ICからリリースの傑作。

    MICHAEL SHRIEVEのパーカッションの上で電子音がフワフワと舞い踊るディープ・エレクトロニクス「A FEW MINUTES AFTER TRANCEFER」、WOLFGANG TIEPOLDのチェロがキモチよい、よりトランシーな「SILENT RUNNING」と2編の長尺ナンバーを収録。

    A FEW MINUTES AFTER TRANCEFER / SILENT RUNNING


1 / 812345...Last »